肥満で悩む女性

肥満症と高血圧の関係

歳を取れば誰でも血圧は高くなるもの、そう今までは言われてきました。しかし、近年は若い世代でも高血圧になっているケースは、少なくありません。血圧が高くなる原因としては「塩分の取り過ぎ」が知られています。
塩分を過剰に摂取すると、血中のナトリウム濃度が急上昇します。すると体はナトリウム濃度を下げようとして、血液内の水分量を増やすのです。
血液に水分が浸透した事で、血管壁に圧力がかかり、血圧が高くなる症状が起こります。
「自分は塩分を多く摂らないから大丈夫」と思っていても、他の要因で高血圧になっているかもしれません。実は肥満と高血圧も大きく関係していると言われているのです。
肥満だから必ず高血圧になるとは限りませんが、肥満になると体の隅々まで血液を送る為に、心臓が血液を送り出す際の圧力も高まります。
グッと心臓が血液を送り出すので、血圧が高くなるのです。内臓脂肪がつくと、インスリンというホルモンの抵抗性が高くなり、血糖値が上昇する事でも血圧は上がります。
また、肥満になるという事は、食べ過ぎが懸念されます。食事の量が多くなればなるほど、必然的に塩分の摂取量も増えるので、血圧が高くなるのです。
塩分は塩や醤油といった調味料以外にも、パンやうどんなど一見、塩分が入ってないようなものにも含まれています。ですので、食べ過ぎによっても血圧は高くなる傾向にあります。
高血圧は血圧が高くなるだけでなく、動脈硬化や心筋梗塞、腎臓の病気など様々な重い病気の発症リスクを上昇させる症状です。
肥満の日地が1キロ減量すれば、血圧は約2mmHg下がるとも言われています。ですので、肥満気味だなと感じたら、ダイエットして高血圧対策を行いましょう。
筆者おすすめのダイエット方法はゼニカルというダイエット医薬品を使ったダイエット方法です。ゼニカルは摂取した脂肪分のうちおよそ30%を体外へ排出させる効果がありますので、結果的に摂取する食品のカロリー数を減少させてダイエット効果を発揮します。
こちらのゼニカルは病院処方が一般的ですが、個人輸入代行サイトを使えば通販で購入することも可能です。通常であればゼニカルは長期に渡り服用することが多いですから、割引も効くこともありますのでゼニカルは通販でまとめて買うのが得といえるでしょう。

あわせて読みたい記事