肥満で悩む女性

妊婦には注意が必要な低炭水化物ダイエット

妊娠中はホルモンの影響や赤ちゃんを守るために体は脂肪を蓄えようとして太りやすくなります。しかし、妊婦が肥満になってしまうと、さまざまなリスクが高くなってしまいます。妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病のリスクが高くなってしまい、太ることによって腰痛や妊娠線ができやすくなるなどのリスクが増えてしまうほか、出産時にも脂肪によって産道が狭くなってしまう、微弱陣痛になりやすい、難産で長引いてしまう、出産後の出血のリスクが増加する、切開や裂傷が治りにくい、体重や体型が元に戻りにくくなるなどのリスクが増えてしまうのです。
安全に出産を行うためにも妊娠中でもある程度の肥満を改善していくことが望まれます。妊婦のダイエットとしてはバランスの良い食事と運動を継続して行っていくことが良いとされています。
近年女性に人気の低炭水化物ダイエットですが、これは妊婦が行うと子供に肥満を引き起こしてしまう可能性があると言われています。低炭水化物ダイエットを行うことによって子供の肥満体質を生じさせないためには、適度に炭水化物を摂取していくことが必要となります。妊娠をしていない時の低炭水化物ダイエットは効果的になりますが、全く摂らないというのも逆に健康に害があることもあるためあまり極端に節制せずに適度に摂取することが体には重要です。
妊婦に望ましい食事は炭水化物だけではなく、脂質や糖質も適度にバランスよく摂っていくことが大切です。病院の管理士による食事指導などを受け、体に負担がかからない程度にウォーキングやマタニティヨガなどを継続して行っていくことが良いとされています。
また、食事を客観的に見るためには記録をつけることなども効果的です。

あわせて読みたい記事